CP GLOBALの強み

伝統的な投資からのリスク分散。

1999年以降の市場の周期とは無関係の強力な絶対的なリターンを生かす

cp-global-crisis-proof-performance-japanese

従来の投資ポートフォリオを戦略的投資として位置付け、CPグローバルファンドは更なる多様性をご提供いたします 異なる資産クラスへの分散投資は、景気後退時においては、株・土地および債券関連投資への依存を低下させ、収益の一貫性を高めることを可能にいたします。

CPグローバルは1999年の創業以来2度の大きな金融危機を経て、すべての主要ベンチマークを超越したCPS-Masterポートフォリオ戦略のパフォーマンスに示されているように、グローバルマクロ投資アプローチを実施するためのコンピュータ技術をフル活用しています。この多様な分散投資の強さと価値は、景気後退期に特に顕著に現れます。当ファンドでは2000年ITバブル崩壊と2008年リーマンショックの期間においてそれぞれマーケットを33.66%、26.51%上回ったパフォーマンスを残しています。

その理由のひとつとして、グローバルマクロ戦略と慎重投資アプローチの組み合わせがあります。この組み合わせにより、ロング・ショート両ポジションにおけるチャンスとリスクを絶えず評価し、損失を最小限に抑えるよう設計された厳格なヘッジ戦略が可能となります。